2018/08/27

合唱コンクール県大会を終えて

本日、焼津市焼津文化会館にて第73回関東合唱コンクール静岡県大会が行われました。
本番の興奮覚めやらぬまま、ブログを書いております。


まず、自分自身の体験として振り返させて頂くと12年ぶりにステージで歌うことができとても楽しかったです。
ステージの袖で待機している時のソワソワ感や、ステージで歌っている団体がとても上手く聴こえて更に緊張したり。


ステージに上がると、客席の見晴らしの良さやスポットライトの明るさを感じて昔も同じだった事を思い出しつつ観客の顔がしっかり見えて更に緊張して。


いざ、演奏が始まるとあっという間で気が付いたら終わっていました。


でも、ステージでは今までで一番にこやかにまいまいを歌えたと思います。


結果発表を待っている間、高校生団体の間でリレー合唱(ひとつの団体が歌い終わったら、次の団体の名前を呼び呼ばれた団が歌う)が行われておりこれは全国どこでも今でも共通なんだなぁと懐かしくなりました。


全体講評ですが、簡単にまとめさせて頂くと
・「良い声」というのも色々ある。頬が上にあるか、下にあるかだけでも声は変わるのでどの声が合っているのか考えると良い。
・歌に合わせた声の色合い、風景を感じさせられるような表現がもっとあって良い。
・フォルテにも色々な意味がある。柔らかいフォルテなのか、シャウトに近いフォルテなのかどのように表現したいのか。
・丁寧に縦の音を決めるのが大切。
・曲全体を通してどんなフォルテなのか、ピアノなのか楽譜を読み込み話し合うのも良い方法だと思う。
・声質を良くして綺麗に聴こえるように。
とのことでした。
また課題を見つけ対策して行きたいと思います。


結果発表では金賞を受賞することができ、県代表にも選ばれました。
10月21日(日)に宇都宮市民文化会館で行われる関東大会でも頑張りたいと思います。


本日は皆様本当にお疲れ様でした。
また来週からも頑張りましょう!
(ざっきー)









0 件のコメント: