2017/09/13

第72回関東合唱コンクール静岡県大会 金賞

報告が遅くなりましたが、浜松合唱団は8/26に開催された合唱コンクール静岡県大会で金賞・県代表をいただき、今年も無事、関東合唱コンクールへの出場権を獲得しました。
今年のコンクールでは三善晃作曲「子どもは……」(課題曲)とJosep Vila i Casanas作曲「Sanctus-Benedictus」、Jake Runestad作曲「Alleluia」という3曲を選択しました。
性格の異なる3曲をそれぞれの曲、メロディに相応しい音色で演奏し、曲の良さを引き出すにはまだまだ精進が足りていない我が団ですが、県大会を通して得た多くの課題と僅かな自信を関東大会の舞台に活かせるように、残りの1ヶ月も張り切って参りますので応援よろしくお願いいたします!!

こあら@(・●・)@







2017/08/20

課題曲講習会、静岡県西部支部合唱講習会参加


●課題曲講習会
7/15(土)に焼津市立大井川公民館で課題曲講習会がありました。講師の先生は、去年と同じく菅野正美先生に見ていただきました。曲は三善晃作曲のG3「子どもは…」。指摘されたことを以下にまとめました。


◆1〜12小節
最初の「こどもは〜♪」の「は」は深く作る。「なおもひとつのきぼう♪」は急がない。
7小節目からの「ひとつのーよろこび♪」は、ソプラノはもっと上に開くこと。
10、11小節目の「なおもよろこび♪」の「よ」は、ソプラノとアルトはしっかり出すこと。
◆13〜27小節
13小節目の頭は、これまでとはガラッと気持ちを変え、色気を少し出す感じで、とても大事に歌い出すこと。
15小節目の「こどもは♪」の「もは」は、テノールとバスは5度と3度をしっかり決めること。
16小節目からの「いかなるかみをも♪」は、気持ちを込めて進み、19小節目のfとffに向かって、しっかり、固く歌うこと。
24小節目のバスの「生きるりゆう♪」が聞こえるように、他パートは音量調整。
25小節目からのテノールの「こどもは♪」は音は低いが明るく歌うこと。
◆28〜34小節
28小節目の頭のハーモニーをきちんと作り、感じること。


●静岡県西部支部合唱講習会
次に、8/11(金) に勤労会館Uホールにて、静岡県西部支部合唱講習会があり、そちらにも参加しました。講師は、こちらも去年と同じく吉田稔先生!こちらの講習会では、呼吸と体を使った発声の仕方についてご指導していただきました。合唱団の悩んでいるところ、弱いところでしたので、大変助かりました。アドバイスを以下にまとめました。


◆明るい声は、上顎をしっかり上げ、親知らずから息を吸ったり吐いたりするように口を開けること。
◆腹式呼吸で発声するとき、息を吸い横隔膜を下げてから息を吐くが、このとき、意図的にお腹を凹ませるのではなく、胸を張り、背筋を使って、自然にお腹を凹ませること。
◆pを作るときは、まず無声音で練習すること。
◆普段の発声練習で、良い香りを嗅ぐように、あらかじめ鼻腔を作って、前へ高らかに「グローリア」、「アレルヤ」などと歌ってみよう!


以上、こんな感じでした♫
(まーさ)

2017/06/23

第29回定期演奏会にご来場ありがとうございました!

第29回定期演奏会にご来場ありがとうございました!

6月11日(日)、第29回定期演奏会が開催されました。
今回は、創立30周年のメモリアルイヤーに開催され、例年とは違う特別な気持ちで作り上げられました演奏会となりました。

第1ステージは“21世紀の宗教合唱曲集”と称して、すべて21世紀に作曲された新しい曲を演奏しました。とても雰囲気、気分の良い曲が多く、歌っていて気持ちが高揚させられる曲たちでした。

第2ステージは、“九ちゃんが歌ったうた”と称して、国民的歌手だった坂本九さんの持ち歌を演奏しました。このステージでは、創立30周年を記念して一般公募した特別団員の方々と共に演奏しました。

はじめて合唱をする人、昔歌っていたけど忙しくて歌えない人、九ちゃんの曲が好きな人、アクトのステージに立ってみたい人など様々な方が参加してくださいました。本番では、総勢63名の演奏となり、坂本九さんの曲の楽しさも優しさもよく表現できたかなと思います。

最終ステージは、山下祐加先生が立原道造の詩で作曲された混声合唱組曲、"燕の歌"を演奏しました。当団指揮者の岸信介先生が主催する第12回舫の会で初演されました。当日には、山下祐加先生がお忙しい中ご来場になられ、私たちの演奏を聴いてくださいました。

浜松合唱団は、舫の会からこの組曲を演奏させていただき、コンクール関東大会においても自由曲として演奏し、そしてこの今回の定期演奏会で、この組曲を演奏する最後の機会となりました。浜松合唱団のこの1年振り返ると、常に“燕の歌”と共にあった1年であり、燕の歌を演奏している間には、この1年の合唱生活が走馬灯のように流れていくような感覚になりました。

また、私はこの組曲の中にあると、いつも、いつのまにか山下先生の曲に乗せられて、立原道造の思案の旅に心が放り出されてしまうような、そんな不思議な気分になります。聴いてくださった方々にも同じような体験を感じていただけたら嬉しいなと思います。

さて、今回の定演を終えて、浜松合唱団の活動は一区切りです。これからは、8月のコンクール、来年6月の定期演奏会に向けて、再び動き出すことになります。今年ご来場になられた方も、そうでない方も、次の定期演奏会での演奏を楽しみにしていただけると幸いです。


また、この記事を担当させていただいた私、トシは就職のために浜松を離れることとなり、今回の定演をもって浜松合唱団を卒業することになりました。

大学3年生の時、やりたかったことをやろうと、合唱未経験のまま、合唱の世界に飛び込みました。最初は「浜松 合唱」で検索して、トップに出てきたからという理由で見学させていただいた浜松合唱団でしたが、楽しく温かい雰囲気の中にも、真剣に曲と向き合う心地よい緊張感が感じられて、この雰囲気の中で演奏したい!浜松合唱団のもつ演奏の雰囲気を支えられるくらい上手になりたい!という気持ちになったのを今も覚えています。

それからは、色んな方に支えていただきながら、右も左もわからぬままに、未経験の自分にはもったいないような素晴らしい経験をたくさんさせていただきました。その過程で、歌うことを好きになりながら、合唱の世界も好きになり、浜松合唱団もとっても好きになりました。おかげさまで、自分の歌もそこそこ上達し、いまでは合唱のない生活は考えられなくなってしまいました。これからは浜松を離れ、地元に帰ることになりますが、どこにいても歌い続けていきたいと思います。

浜松合唱団では、私たちと一緒に歌ってくださる方を随時募集しています。演奏会に来てくださったあなたも、合唱したことないから…というあなたも、まだ学生だから一般の合唱団に入るのは…というあなたも、忙しさが一段落してまた歌いたいな…というあなたも、いつでも見学にいらしてくださいね。浜松合唱団では、温かくも素晴らしい技術を持った皆さんが、あなたをお待ちしています。

それでは、皆々様にありがとうの花束を。

(トシ)

2017/04/17

第29回定期演奏会のご案内

♫2017年6月11日(日)に第29回定期演奏会を開催します♫

今回は創立30周年記念コンサートと銘打ち、3ステージ構成でお送りします。
第12回舫の会で委嘱初演された、混声合唱組曲「燕の歌」のステージでは、立原道造の詩に込められた想いを山下祐加さんの曲に乗せてノスタルジックで爽やかに演奏します。
「21世紀の宗教合唱曲集」では、荘厳なハーモニーだけではなく、手拍子も交えたリズミカルで普段の浜松合唱団とは少し違ったステージをお楽しみください。
「九ちゃんが歌ったうた」では公募団員の皆様とともに、昭和から平成の懐かしの名曲をお届けします。

また、浜松合唱団では通年を通して団員を募集しています。「どんな雰囲気かわからない」「行ってみたいけどタイミングが掴めない」という方は、ぜひ一度演奏会に足を運んでいただけたらと思います。
「一緒に歌いたい!」と思っていただけたならぜひ練習を見学にいらしてください。毎週水曜日の夜にお会いできることを楽しみにしています。

皆様のご来場、お待ちしております。

(ほり)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 日時:2017年6月11日(日)
     14:00開場 / 14:30開演
 会場:アクトシティ浜松 中ホール

 指揮:岸信介、玉川昌幸
 ピアノ:戸塚勢津子


◇第Ⅰステージ 【21世紀の宗教合唱曲集】
 Jake Runestad、Ola Gjeilo、Josep Vilaらの作品

◇第Ⅱステージ 【九ちゃんが歌ったうた】 〜公募団員の皆様とともに〜
 上を向いて歩こう、見えげてごらん夜の星を、心の瞳 ほか (横山潤子 編曲) 

◇第Ⅲステージ 【混声合唱組曲「燕の歌」】 (立原道造 作詩 / 山下祐加 作曲)


 チケット取扱:(株)ヤマハミュージックリテイリング浜松店
         アクトシティ浜松チケットセンター





2017/02/04

合唱セミナーに参加しました


1月15日、アクト音楽院の合唱セミナーに参加しました。

作曲家、指揮者として活躍されている相澤直人先生を講師に迎えてのワークショップ。
相澤先生が作曲された、さくらももこ作詩の「ぜんぶ」という曲を題材に行われました。
とても温かくて優しい曲です。

先生が目指しているのは、「あの演奏良かったね」と言われるより、「あの曲良かったね!」と言われることだそうです。

とにかく先生がおっしゃるのは表現力!
ボイストレーニングや発声など、基本的な部分はもちろん大事。
その基本的な部分を核として、いかに表現を広げていくか。

縦軸と横軸に分けて、4つのイメージで表現していきます。

口を縦に開けるか横に開けるか
息と響きのバランス
同じ言葉でも、このバランスを変えることによって、表現が全く変わってきます。

今回題材にされた「ぜんぶ」の中に
「泣くこと、笑うこと、怒ること、喜ぶこと」という歌詩があります。
この喜怒哀楽を4つの表現に当てはめていくだけで、随分と変わってきます。

合唱というと、縦の響き(相澤先生曰く、「ドヤ声」だそうです。下の図の、中尾彬)で歌いがちになってしまいますが、最初から最後まで中尾彬ではなく、息と響きのバランスを変えていくと、とても表現の豊かな曲に仕上がっていきます。

このイメージ、とっても分かりやすいです^^






2時間の講習は、楽しくてあっという間に終わってしまいました。
ちなみにこの曲、最初はピアノ曲として作られて、後からさくらももこさんの詩を乗せたんだそうです。

最後に、この曲の元になったピアノバージョンも演奏してくださいました。
とても素敵な曲でしたが、この曲が作られた裏エピソードもあったんですね。
ここでは控えておきますが・・・
知りたい方は、相澤先生の講習を受ければ聞けるかもしれません。

今回の講習を生かして、もっともっと表現豊かな演奏をお届けできるように頑張ります!


------------------------------------


浜松合唱団は、今年で創立30周年を迎えることになりました!
今年の第29回演奏会は、6月11日(日)に開催されます。

前回の記事でも紹介しましたが、「九ちゃんが歌ったうた」を一緒に歌ってくださる方を募集しています!
ぜひ、アクトのステージで歌ってみませんか。

詳細は、下の記事をご覧くださいね♪


(よーこ)

2017/01/22

「九ちゃんが歌ったうた」の練習日程について

通常練習にて「九ちゃんが歌ったうた」を扱う日程を追記しました。
➡️ ◇第29回定期演奏会 特別団員募集!◇

ご都合つきましたら特別練習だけでなく通常練習にも奮ってご参加ください!


2016/11/23

「九ちゃんが歌ったうた」を一緒に歌いませんか??

第29回定期演奏会 特別団員募集の件ですが、詳細をアップしました!
是非ご参加ください。

→ ◇第29回定期演奏会 特別団員募集!◇

-----------------------------------

2017年6月11日(日)@アクト中ホールで開催予定の第29回定期演奏会にて、
ポピュラーステージ「九ちゃんが歌ったうた」を一緒に歌いませんか??

・合唱にあまり馴染みがないけど坂本九さんの歌を一緒に歌ってみたい…
・年間を通して活動するのはハードルが高いけど、演奏会で1ステージだけ出てみたい…
大歓迎です!奮ってご参加ください!


■演奏曲
 混声合唱アルバム「九ちゃんが歌ったうた」(横山潤子 編曲、音楽之友社より出版)
  ・上を向いて歩こう(永六輔 作詞、中村八大 作曲)
  ・明日があるさ(青島幸男 作詞、中村八大 作曲)
  ・ともだち(永六輔 作詞、いずみたく 作曲)
  ・見上げてごらん夜の星を(永六輔 作詞、いずみたく 作曲)
  ・心の瞳(荒木とよひさ 作詞、三木たかし 作曲)

■参加条件
 中学生以上で下記特別練習に参加いただける方
   ※中学生の方は保護者の同意を得て下さい
    高校生の方は必要に応じて学校の規定に従い届出を行って下さい

■応募方法
 2017年2月28日までに下のメールアドレスにご連絡ください。
  hamamatsuchoir@hotmail.com
 
■参加費
 一般 … 3000 円(楽譜、チケット2枚付)
 学生 … 2000 円(楽譜、チケット1枚付)
   ※楽譜をご自身で購入される場合はご連絡ください。

■練習日程 
 【特別練習】
   ・2017年3月25日(土)
   ・2017年5月7日(日)
   ・2017年6月4日(日)
 上記の特別練習以外でも水曜日の18:30頃から数回練習を行う予定ですので、
 ご都合がつくようでしたら是非ご参加ください。
 こちらの日程につきましては後日掲載いたします。


2016/10/30

第29回定期演奏会 特別団員募集!

2017年6月11日@アクト中ホールで開催予定の第29回定期演奏会にて、
ポピュラーステージ「九ちゃんが歌ったうた」(編曲:横山潤子)を一緒に歌いませんか??

・合唱にあまり馴染みがないけど坂本九さんの歌を一緒に歌ってみたい…
・年間を通して活動するのはハードルが高いけど、演奏会で1ステージだけ出てみたい…
大歓迎です!奮ってご参加ください!

練習計画や参加費等の詳細につきましては11月中旬に掲載予定です。
また、その頃より応募受付も開始します。少々お待ちください。

2016/10/10

第71回関東合唱コンクール 銀賞

第71回関東合唱コンクールに参加しました。

県大会に引き続き、課題曲として「むらさきの」(詩:吉行理恵、曲:池辺晋一郎)、自由曲として組曲『燕の歌』より「のちのおもひに」「燕の歌」(詩:立原道造、曲:山下祐加)を演奏しました。

県大会で見えた多くの課題を関東大会までにどこまで克服できるか不安もありましたが、先生方から大変熱心なご指導をいただき、本番が近づくにつれて次第に完成度が上がっていくのを感じられました。

本番の演奏では練習の成果を出すことができ、金賞とはいきませんでしたが、銀賞(全体の3位!)をいただくことができました。

ただ、上位の団体と比べると発声のレベルに大きな開きがあるように感じられ、今後はもっといい音色で歌えるよう頑張りたいです。

今大会では、同じく岸信介先生を常任指揮者に迎えている浦和混声合唱団さんも『燕の歌』を演奏されました。当日練習では縁あって浦和混声さんと一緒に岸先生の指揮でこの曲を歌う機会があり、交流を深めることができました。この曲は浜松合唱団内でとても人気の曲なのですが、浦和混声さんでも人気のようで、皆とてもテンションが高かったように感じました(笑)。

大会会場には『燕の歌』作曲者の山下祐加先生がお見えになっていたそうです。先生の心にも歌への思いを少しでも届けられていたらいいなと思います。

(hdk)



2016/09/22

第71回関東合唱コンクール静岡県大会 金賞

第71回関東合唱コンクール静岡県大会に参加しました♪

課題曲として「むらさきの」(詩 吉行理恵 曲 池辺晋一郎)、自由曲として組曲『燕の歌』より「のちのおもひに」「燕の歌」(詩 立原道造 曲 山下祐加)を歌いました。
金賞の評価をいただいたものの、それ以上にたくさんの課題・宿題の残る大会でした。関東大会に向け、この素晴らしい作品の魅力を少しでも忠実に聞いてくださる方に届けられるよう頑張りたいと思います。
なお関東大会では、同じく岸信介先生を常任指揮者に迎えている浦和混声合唱団さんも全く同じ曲を演奏されます。作曲者の山下祐加先生の前で歌うことができる幸せと緊張感を噛み締めつつ、大事に歌いたいと思います。

(acha)



2016/08/22

静岡県西部支部合唱講習会 参加

2016/8/21(日) 静岡県西部支部合唱講習会に浜松合唱団として参加しました。

講師は吉田稔先生。
先生はとっても明るい方でメリハリのあるご指導をいただき、楽しみながら講習を受けることができました。終始ご指摘いただいたのは 息遣い と 日本語を日本語としてきちんと歌い上げる こと。合唱団の弱いところをわかりやすくご指摘いただきました。(普段岸先生や玉川先生に指摘されることも指導者が変わると吸収の仕方が変わってくるのは不思議ですね。。)
講習時間は一時間でしたが、充実した時間であっという間に終わってしまいました。

静岡県のコンクールまであと一週間です。
なにより幸せなことは山下祐加さんの初演ほやほやの素晴らしい曲をその場で歌えるということ(個人的にも大好きな曲です)。
今回ご指導いただいたことを大切にして、楽しみつつ本番に臨みたいです。
吉田稔先生ご指導ありがとうございました。

(きい)



以下講習風景。写真は吉田稔先生許可のもと拝借。


2016/08/16

舫の会第12回演奏会に参加しました!

8月6日、当団指揮者である岸信介先生が主宰する「舫(もやい)の会」の第12回演奏会が東京文化会館で開催され、浜松合唱団からも有志が参加しました。

6ステージ中5ステージが松下耕、信長貴富、相澤直人、森田花央里、山下祐加、各先生による委嘱作品という贅沢な演奏会で、浜唱有志は第3ステージ、山下先生による「混声合唱とピアノのための『燕の歌』」に(男声有志は第6ステージの「唱歌の四季(三善晃編曲)」にも)出演しました。

立原道造の抒情的な詩に寄せられた切なくも温かい曲を山下先生のピアノとともにホールいっぱいに響かせることができ、この上なく幸せな時間となりました。
打ち上げでは山下先生と一緒にお写真も撮れてサインもいただいて感激!お疲れのところありがとうございました。)

さて、この「燕の歌」ですが、今夏のコンクールで自由曲として取り上げています。また、来年の定期演奏会で全曲再演も予定していますのでぜひお楽しみに(^^♪

(こあら)


2016/07/31

課題曲講習会 ~ 静岡の「イ」は広かった ~

7/17(日)に課題曲講習会が焼津市立大井川公民館でありました。講師の先生は、福島県立安積女子高校、福島女子高校、郡山高校を全て金賞へ導いた福島のスーパー合唱指揮者の菅野正美先生!コンクールでは必ずお見かけしますが、直接指導を受けるのは実は初めて^o^見て頂いた曲はG3の「むらさきの」。指摘されたことを以下にまとめました。
◆1〜12小節目
・1〜2小節目のソプラノはpだけど、もう少し声を出しても大丈夫。
・3小節目の三善アクセントはしっかり決めること。
・男声は、5〜9小節目の不協和音を感じながら歌うように。
◆13〜28小節目
・15小節目のCdurをしっかり決めること。
・23、25小節目な「lu, lu, lu...」は、1回目は語りかけるように、2回目は時間の経過を感じさせ、1回目との違いを大きく見せるように。
・28小節目のrit.は指揮者をしっかり見て合わせて29小節目へ入るように。
◆29〜40小節目
・29小節目からの「そこはむらさきいろの〜♫」は昔の情景を表現し、萎縮しない歌い方で。
・34小節目のアルト、男声は36小節目へ向かってクレシェンドをしっかりつけ、ソプラノをサポートすること。
ソプラノはもっとのびのびと歌うように。
◆41〜49小節目
・41小節目からの男声が主役の「はりつめた〜♫」と「やわらかいうたごえ〜♫」は、歌詞の意味に合わせて歌うように。
・48小節目の三善アクセントはやわらかいアクセントで。(これは菅野先生の好みかな)
◆50〜65小節目
・50小節目からの男声の「lu, lu, lu...」は、テノールはベースに乗っかる感じで歌うように。
・54小節目からの男声はぶつかり(不協和音)を意識し、不安感を表現するハーモニーを作る。
・60小節目からの「ささのはぶねは〜♫」は再び昔の情景を表現し、「きょうしゅうの〜♫」は幸せを感じさせ、最後の「いえ〜♫」は懐かしさを表現すること。

色々と言われましたが、やっぱり表現力がなさすぎるのかな^^;
まぁ、これを機に勉強して、磨きをかけていきたいと思います。
最後に、菅野先生が、静岡の合唱団の共通点を仰っていました。それは「イ」母音が広いということ。横開きになってしまい、縦の響きになっていないということですかね>_<
「イ」母音だけでなく、「エ」母音も響かせるのが難しいので、ここはマスターして、癖を付けていくしかないですね。
コンクールまであと少し、それまでに何とかしましょう!
   (まーさ)


2016/07/10

第28回定期演奏会にご来場ありがとうございました!

どうもこんにちは!川井弘子先生についての記事に続き、今回再びブログを書くことになりましたトシです。

6月18日に「第28回浜松合唱団定期演奏会」が開催されまして、新入団員の私なりの視点から、感想をお伝えしたいと思います!

まず、当日、私たちの演奏会を聞いてくださったお客様のうちで、今このブログを見てくださっている方に、「ありがとうございました!」の気持ちを伝えさせてください!
お集まりいただき、本当にありがとうございました!

当日は、どのくらいお客様が入ってくださるのかとても心配していたのですが、たくさんの方に集まっていただき、大変嬉しかったです!

半年以上練習してきた曲達を披露させていただける場というのは、僕の合唱人生で初めてのことでした。
ですので、自分の大好きな曲をたくさんの方々に聞いていただける場があるというだけで、大変嬉しかったです。

ステージの上では、とにかく私たちの合唱で曲の良さを伝えたく、一生懸命、曲に入れ込んで歌いました。
曲に入れ込んだことと、さらには「お客様の中に、良い歌だな、と共感してくださっている方がたくさんいらっしゃるのかな」と思うと、感激で泣いてしまった曲もいくつかありました。(^_^;)

曲としては、オープニングとアンコールで演奏した曲が、特に浜松合唱団らしさが溢れていて、お気に入りです。
この曲で始まり、この曲で終われるというのが、なんとも楽しくて、気持ち良い曲でした。
どちらの曲も、私達だけでなく、聞いてくださっている方々も、きっと楽しい気持ちになってくださっているだろうなと思うと、大変嬉しくて、皆さんに披露できて、とても良かったなと思います。

それ以外の曲目としては、今回の定期演奏会は全4ステージ。
ルネサンス2曲に始まり、日本の唱歌、そしてドイツ・ロマン派と続き、寺山修司 作詞、信長貴富先生 作曲の組曲「思い出すために」でステージは締めくくられました。
これらのステージは、音符が読めないところから練習を始めた僕としては、曲数が多く、暗譜するのも大変で、さらには色々な音楽的理解が必要な曲も多く、なんとか本番までに身につけることができたというのが本音です。
ですが、そんなところから付き合ってきた曲達ですから、また一方では、これからの合唱人生で大切な曲達になったなというのが、一番の感想です!

ただ、僕はまだ技術的なことへの感性が鋭くなく、「ここはこうしたかった」、「ここは失敗だった」と技術的な反省点を、うまく見出すことができないのは殘念に思っています。
ですが,一方で、今回の定期演奏会を経て、今回歌わせていただいた曲は一層好きになりましたし、また、ステージに立って、私の好きな曲達を演奏することは,なによりの合唱の楽しさだと,改めて感じることができました!


今回聞いてくださった方々で、合唱未経験だけれど、とても楽しかった!という方がいらっしゃれば、ぜひ浜松合唱団への体験入団お待ちしております!
合唱は聞くよりも、実際に歌った方が、曲もより好きになることができますし、楽しいと思っています!

今回も僕含め、3人の新入団員(内2人合唱未経験)のメンバーがステージに立ちました。
周りの方々は、大変上手な方ばかりですが、いつも優しく教えていただき、分からなければ気兼ねなく質問もできる、浜松合唱団はとても良い環境です。

また、せっかく入ってくださるなら、来年の定期演奏会に向けては、今年の定期演奏会が終わった今がチャンスですよ!
9月頃までに入団してくだされば、来年の定期演奏会の曲の、音取りの段階から練習に参加できると思います。(僕の昨年の体験談です(^_^))
不安なからは、まずはメールからでもよろしいと思います。(これも僕の体験談です(^_^;))
ぜひ気兼ねなく、いつでも見学をお待ちしております!

それでは、また来年の定期演奏会でもお会いしましょう!

「それじゃまた!ノ」

(トシ)


2016/05/03

第28回浜松合唱団定期演奏会のご案内

☆2016年6月18日(土)に第28回浜松合唱団定期演奏会を開催します☆

チケット好評発売中です!チラシに掲載されたチケット取扱センター、もしくは、お近くの団員までお気軽にお問い合わせください。(入場料1000円:全席自由)

今回は全4ステージ、馴染みのある日本語曲からドイツ語、ラテン語曲まで披露させていただきます。
15~16世紀のヨーロッパでつくられたルネサンス時代の宗教曲。19世紀のヨーロッパを中心とするロマン派音楽。どの作品も「あぁ、イエスよ。」と人々が祈る姿が浮かんでくるような、神秘的で美しい曲です。孤独や愛が歌われた「思い出すために」は聞いてくださるお客様の数だけ、何通りにも響くものがあるのかもしれません。時代を超え、言語を超え、幅広い音楽を楽しんで聴いていただけたら幸いです。

現在毎週水曜の夜を中心に、楽しく真剣に練習に取り組んでおります。
合唱経験者はもちろん大歓迎(^^♪ 普段合唱に馴染みのない方も、この機会にぜひ足を運んで合唱に触れてみてください。皆様のご来場を心よりお待ちしています。


Kei


第28回浜松合唱団定期演奏会

 日時:2016年6月18(土)
     14:00開場 / 14:30開演
 会場:アクトシティ浜松 中ホール

 指揮:岸信介、玉川昌幸
 ピアノ:戸塚勢津子


◇第Ⅰステージ 【ルネサンスのしらべ】
 パレストリーナ、ウィリアム・バードの作品

◇第Ⅱステージ 【Furusato 故郷 〜日本の歌による5つの合唱曲】
 おぼろ月夜、砂山 ほか           (Bob Chilcott 編曲) 

◇第Ⅲステージ 【ドイツ・ロマン派 祈りのうた】
 メンデルスゾーン、ブルックナー、ラインベルガーの作品

◇第Ⅳステージ 【寺山修司の詩による6つのうた「思い出すために」】
               (寺山修司 作詩 / 信長貴富 作曲)



2016/05/01

合宿を行いました!

こんにちは!昨年10月に入団した新米団員のワカです(^ν^)
4月23日24日の2日間、県立森林公園森の家にて、定期演奏会に向けて1泊2日の合宿練習を行いました。

山の上の方にある開放感あふれる練習会場でいつもとは違う気分で歌うことができました(ウグイスも鳴いていました!)。一通り定演の曲を練習し、2日目の午前は少人数でのアンサンブル練習など普段では時間の取れない細かい部分なども意識して練習しました。

私は特に、アンサンブル練習での他のパートの動きや歌い方、音があわさったハーモニーなどの練習が、普段自分が意識すべきところが細かく分かってためになりました

もちろん練習以外にも、食事の時間や夜にあまり話したことのない団員と話をしたり、朝は山の中を散歩したりとたくさん楽しめました♪
6月18日の第28回定期演奏会では、ロマン派から信長貴富先生作曲の組曲まで、様々なジャンルの曲をお聴かせいたします。

是非お誘い合わせの上、ご来場お待ちしています!

(ワカ)
少人数アンサンブル練習の様子↓

2016/03/13

浜松交響楽団 第80回定期演奏に出演しました!

3月6日(日)に浜松交響楽団の40周年記念 第80回定期演奏会に出演いたしました。
浜響さんとのご縁もあり、記念すべき演奏会にご一緒できたことは大変光栄であり心から感謝申し上げます。

さて、私たちはオーケストラと一緒に「ふたつ」の浜松市歌を演奏させていただきました。

ひとつは、現在は歌われていない市歌です。私は今回初めて昔の浜松市歌を歌いましたが、作歌は有名な文豪の森鴎外さんでとても驚きました。
この曲からは「誇り高き浜松!」というメッセージがひしひしと伝わってきます。歌い手である私たちは浜松に対する愛着や浜松市民である気高さをどう表現するかに悩まされましたが、高らかに歌い上げることができたと思います。

もうひとつは現在の市歌です。林望さん作詞、伊藤康英さん作曲のキラキラした浜松をギュッと詰め込んだ素敵な曲です。普段はピアノ伴奏で歌う曲ですが、オーケストラとともに歌うと一層気持ちが高まりますね。
この高ぶった気持ちを輝く笑顔で歌いきることができたのではないでしょうか。

今後は私たちの演奏会に向けた練習を積んでいきます。
浜松合唱団の魅力をすべてお伝えするためにこれからの練習に励んでいきたいと思います。
(こはし)

2016/03/03

川井弘子先生をお招きしてボイストレーニングを開催しました!

初めまして!昨年9月に浜松合唱団に入団したトシです。

2月11日(木・祝日)に、ソプラノの川井弘子先生(HP)をお招きして、
ボイストレーニングを開催しました!
今回は、その時の様子と私の感想をお伝えしたいと思います。

川井先生は、「うまく歌える「からだ」の使い方」という本を出版されていて、
今回のボイストレーニングでも、特に、歌う時の体の使い方について、ご指導いただきました。

レッスンは、各団員が、発声についての悩みを川井先生に質問して、
川井先生がそれに答えていくという流れで、和気あいあいと進んでいきました。

川井先生の教えてくださる体に関する知識や、歌う時の体の感覚をつかむためのストレッチは、
どれも発声に対して効果てきめんで、私は声がよく出るようになっていくことで歌うことが楽しくなり、
また、レッスンが進むにつれて、私達の作る合唱自体もどんどん良くなっていくのを感じました!

ですが、発声についての指導以上に、レッスン全体を通して、
川井先生が私達に伝えたかったことを、個人的にまとめると、

「『よい発声、良い声』について悩むのは、体の使い方を学び、体の感覚を掴むことで、
自然と良くなっていくから、これで終いにしましょう。
その前に、曲の中でよい発声をするためには、曲への理解の深さ(暗譜、表現のイメージ、和声への理解の深さetc..)
がないと、体はよい発声のための準備ができないので、良い声は出せません。息も当然苦しくなります。
だから、声の悩みばかりにとらわれすぎないで!
各々曲への準備を先にしっかりして、歌う時には、自信をもって音楽を楽しむことが良い発声の秘訣です!」

ということなのだと思いました。(間違っていたら、川井先生すいません・・。)

自分は、合唱歴=音楽歴=6カ月のペーペーです。
ようやく楽譜があらかた読めるようになって、一人での音取りもなんとか出来るようになったくらいで、
発声練習では気持ちよく声が出せても、曲になると、横に同じパートの人がいないと、声も出せない状況です。
これを今まで、自分の発声の仕方や呼吸の問題だと捉えていました・・。
ですが、それは違って、自分の音楽的な理解の浅さからくるものなんだと気づかされました。

なので、これからは一人でも自信を持って歌えるようになることを目標に、
まずは暗譜と曲のイメージを掴むところから、和声などの勉強もできるところから頑張っていきたいです!

(ボイトレでは椅子をぶんぶん振り回したりもしました↓)


---------------
浜松合唱団では、性別・年齢・経験問わず、いつでもどなたでも、入団を歓迎いたします!
自分はどのパートを担当する音域なのか見当がつかない、楽譜も読めないからと言って、物怖じする必要はありません!
(自分も、見学時はそうでしたので・・・笑)
皆さん優しく支えてくださるので、合唱が好き、合唱がしたいという気持ちさえあれば、
一からでものびのびと歌えて、ぐんぐん上手になって、そして合唱の楽しさをたくさん教えてもらえる環境だと思います。

一緒に楽しく合唱しませんか?

詳しくは、↓こちらを見てくださいね。
団員募集中!

いつでもお待ちしております。

(トシ)



2015/10/15

第70回関東合唱コンクール 銅賞

10月4日に茨城県水戸市の茨城県立県民文化センターで行われた第70回関東合唱コンクールに出演してきました。
当日は日なたでは汗ばむほどの陽気に秋風が心地よい素敵な日曜日でした。(私たちの出番にはすっかり日が暮れて寒いほどでしたが(-_-;)...)

結果は一般・混声の部9団体中8位の銅賞でした。ロマン派の名曲に挑戦し、最後までその発声とドイツ語の発語に苦戦したコンクールだったので「やっぱりか...」と思いつつも、がっくり;つД`)

若くてエネルギッシュな団体の活躍が目立つ中で、私たちはどのような演奏を目指すべきなのか、改めて考えさせられるコンクールとなりました。
今回得た経験や課題を今後の活動に活かし、来年の定期演奏会やコンクールでより良い演奏を披露できるように、これからも頑張っていきます(^_^)/

(こあら)


2015/09/14

第70回関東合唱コンクール静岡県大会 金賞

8月23日に清水マリナートで県大会が開催され、今年も参加しました!
私たちは課題曲として「Super flumina babylonis(Palestrina)」を、自由曲として「Denn er hat seinen Engeln befohlen(Mendelssohn)」「Abendlied(Rheinberger)」を歌いました♪
それぞれ普段の練習量に比例した仕上がりだったかなと思います(笑)幸い金賞を頂くことができ、関東大会への出場を予定しています。
コンクールでは、複数の審査員に具体的な講評を頂ける事も魅力の一つです。関東大会に向けコメントを吸収し、ひとつでもいいところを増やせるよう練習したいです。
また、コンクール前にも関わらず入団し舞台に乗ってくださった新入団員の方々、ありがとうございます‼︎
当団では随時団員を大募集しております☆コンクール後は日本語の曲もやります!見学だけでもお気軽にどうぞ♪( ´▽`)
(acha)



2015/07/06

チラシのイラストについて

毎回の演奏会宣伝用チラシに描かれている淡いタッチの素敵なイラストですが、これは団員のnzmさんによるものです。
先日の杉の里コンサートのイラストもとっても素敵に仕上げていただきました。
 噂によると、なんと20年近くもチラシのイラストを担当されているそうです!
そんなnzmさんに、どんな思いでイラストを描いているのかちょっぴりお聞きしました↓↓↓

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 歌っていると、いろいろな色の重なりを感じます。 定期演奏会のチラシのイラストを描かせて頂くようになり、気づけばずっと描かせて頂いています。 歌っている時に感じる、言葉ではなかなか伝えられない気持ちをイラストに込めて描いてきました。 一緒に歌う皆の歌声は、様々な美しい色の重なりのようで、時々ドキドキと心が躍るように感じる事があります。 音の重なりと色の重なり、歌詩の言葉も加わり、合唱はとても美しいと感じます。 なかなか練習に行けず悲しくなる日々も、やっと行く事の出来た喜び、嬉しさがあるので これまで続けてこられたのだと思います。 これから歌う曲はどんな美しい曲なのか、また様々な色やイメージが浮かんでくるのが楽しみです。

 (nzm)


 最近のnzmさんのイラスト↓↓↓



2015/06/16

杉の里コンサート終了!

2015年5月31日、天竜壬生ホールにて「杉の里コンサート」を開催いたしました。

ご来場いただいたみなさま。例年の定期演奏会とは一味違った選曲や演出、浜松を代表するスペシャルゲスト(笑)の登場など、楽しんでいただけましたでしょうか?
残念ながらご来場いただけなかったみなさま。なんと当日の様子をもう一度再現!……することはできませんが、↓の写真で雰囲気だけでも感じ取っていただければ幸いです。






少しでも感じ取っていただけましたでしょうか?
客席とステージが一体となって、会場内のすべての人が楽しくなれたような、そんな演奏会だったと思っています!
来年の定期演奏会では、「杉の里コンサート」に負けず劣らず、"さらに楽しい演出!さらに美しい演奏!"をみなさまにお届けできるよう、団員一同合唱に邁進してまいりますので、どうぞご期待ください♪

P.S.
今回の「杉の里コンサート」をきっかけに、浜松合唱団へ入団してくれた方がなんと2名もいらっしゃいました!嬉しい限りです☆
性別・年齢・経験問わず、いつでもどなたでも、浜松合唱団は入団を歓迎いたします。浜松合唱団に少しでも興味を持たれたあなた。一緒に楽しく合唱しませんか?→ 団員募集中!



(ねも)

2015/03/25

杉の里コンサート♪

♪杉の里コンサートのお知らせ♪

2015年5月31日、天竜壬生ホールにて「杉の里コンサート」を開催いたします。

今回のコンサートは、いつもの定期演奏会とは一味違い「オーケストラと歌おう」と題し、浜松市内の小中学生を中心に、一緒に歌ってくれる仲間を募集いたします。
この機会にぜひ、一緒にステージに立って歌ってみませんか♪

クラス合唱でおなじみの曲や唱歌など、気軽に楽しめる曲がたくさん!
入場無料ですので、普段あまり合唱やオーケストラと触れ合うことのない方も、軽い気持ちでお越しいただけると嬉しいです。


--- 詳細 ---


日 時:2015年5月31日(日) 
       13:30 開場 14:00 開演
場 所:天竜壬生ホール 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣20-2
入場料:無料(鑑賞申込みが必要です)

鑑賞の申し込み 先着500名様
お名前(フリガナ)
鑑賞人数
ご連絡先(電話またはメール)

・「一緒に歌おう」は締め切りました。
 70名以上の皆様にご参加いただけることになりました。

・「鑑賞申込み」はまだまだ大歓迎です! ぜひ会場へ越しくださいませ。
 人数把握のため、事前予約をしていただけるとありがたいですが、当日飛び込みでも大丈夫です。

・電話、FAX、メールにて鑑賞申込みをしていただいた方に、個別に返信はしておりません。
 当日会場へお越し下さい。

13:30 開場、14:00 開演です。よろしくお願いいたします。


申込用紙の印刷は、こちらからできます → チラシ裏面 (pdfファイル)



「オーケストラと歌おう」ステージでは、BELIEVE、花は咲く、浜松市歌を歌います。
一緒に歌ってくれる仲間を募集していますので、お気軽にご参加ください。

☆初心者でもかまいません。楽譜はお貸しします。

☆当日、1時間の練習でOK!
☆お申し込みは下記を記載の上、メール またはFAX、お電話にてお願いします。

どちらも、定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
電話 053-454-6722 (浜松交響楽団事務局) 月~木 10:00~15:00
FAX  053-455-3563(浜松交響楽団事務局) 24時間受付

オーケストラと歌おう申し込み 4/29(水)締め切り
お名前(フリガナ)
性別
パート(S A T B 分からない)
年 代(小学生・中学生・高校生・大学生・社会人ほか)
ご住所
ご連絡先(電話またはメール)










  








































2014/12/30

第27回定期演奏会終了!

12月21日(日)は第27回定期演奏会でした。
ご来場いただいた皆様、年末のお忙しい時期にお越しいただきまして大変ありがとうございました。今回の演奏会は行けなかったーという皆様、次回の演奏会には是非お越し下さい!
今年の演奏会はこんな様子でした↓↓↓

♫豪華な先生方♫
全日本合唱連盟理事長の岸先生の熱〜い指揮をはじめ、今年は第2ステージ「なんにもない」のピアノを作曲者である大竹くみ先生自身が演奏してくださいました。
先生方のお力添えにより、曲の持つ世界観を普段の実力以上に表現できたように思います!

♫クリスマスソングステージ♫
開催日が例年と異なりクリスマス直前ということで、クリスマスソングを歌わせていただきました。普段の演奏会では歌うことのない曲を演奏できたことはもちろん、ちょっとした演出やステップを取り入れたり、会場の皆さんと一緒に歌ったりと、演奏する側としてもとても楽しむことができたステージでした。

今回の演奏会で合唱に少しでも興味を持たれた方、浜松合唱団で一緒に歌いませんか??
団員募集中!

来年も浜松合唱団をよろしくお願いいたします。良いお年を!

(hdk)

          リハーサルの様子           会場にはクリスマスツリー

2014/11/24

合宿@静岡県立森林公園 森の家

2014/12/21(日)の浜松合唱団定期演奏会まであとひと月をきりました。

その定期演奏会に向け、浜松合唱団では 11/ 8 - 11/ 9 の 一泊二日 泊まり込みで合宿を行いました。
学生の頃を思うと短い時間でしたが、定期演奏会の曲をみっちり一通り歌い、休憩時は若手有志によるクラス合唱など、夜の真剣ジェンガは静かに白熱と、合宿らしい充実した二日間となりました。

さて、定期演奏会のクリスマスソングステージではみなさんにも馴染み深いポピュラーなクリスマスソングを "振り付けあり" で歌います。
今回の合宿は振り付け込みで歌う初めての機会でした。
このステージ、動きも衣装もX'masらしい華やかさで、楽しいステージになることうけあいです!
(正直歌と動きがまだついていかないので、合宿後も通常練習日外に集まれるメンバでわいわいと練習を行ったり。それが楽しいのですが♪)

12/21(土) の定期演奏会 どうぞお楽しみに。➡♫演奏会情報♫

(きい)

2014/11/12

第27回浜松合唱団定期演奏会のご案内

♫第27回浜松合唱団定期演奏会のご案内♫

来る12/21(日)に第27回浜松合唱団定期演奏会を開催致します。
チケット好評発売中です!チラシに掲載されたチケット取扱センター、もしくは、お近くの団員まで是非是非お問い合わせください。

例年は6月に行っている定期演奏会ですが、今年は4月に浜松交響楽団さんの第76回定期演奏会で演奏をさせて頂いたため(フォーレ『レクイエム』)、例年通りの日程では満足のいく練習・準備が出来ないことが予想されました。そのため、いつもとは異なる12月の開催とさせて頂く運びとなり、毎年6月に演奏会を楽しみにして下さっている方には申し訳ございませんでした。

しかし、私たちはこの状況をチャンスと捉えました!!例年の定期演奏会ではなかなか演奏出来なかった、12月ならではの選曲にチャレンジすることにしたのです。趣向の異なる2つのクリスマスステージを設けました。第Ⅰステージではクリスマス宗教曲を、そして、第Ⅲステージではお馴染みのクリスマスソングをお届け致します。皆さんに楽しんで頂けるよう、普段とは少し違う私たちの姿もお見せするかも・・・!?楽しみにしていてください。
さらに第Ⅱステージでは、混声合唱とピアノのための『なんにもない』を、なんと、作曲者である大竹くみ先生を客演伴奏者としてお招きして演奏する予定です。一団員としても、この貴重な機会をとても楽しみにしています。必見ですよ。

とても印象的な定期演奏会になりそうな予感と共に、団員一同、楽しみながら練習や準備に取り組んでいます。たくさんの皆様のご来場を心よりお待ちしております。
(ぎっちょ)

第27回浜松合唱団定期演奏会
 日時:2014/12/21(日)
     14:00開場 、14:30開演
 会場:アクトシティ浜松 中ホール

 指揮:岸信介、玉川昌幸
 ピアノ:大竹くみ(客演)、戸塚勢津子

◇第Ⅰステージ 【クリスマス宗教合唱曲】
 O magnum mysterium (Thomas Luis de Victoria 作曲)
 Ave Maria (Anton Bruckner 作曲)
 3 Mottetti Latini 1982 (Niels La Cour 作曲)
 O magnum mysterium (Pekka Kostiainen 作曲)
 Hodie Christus natus est (Javier Busto 作曲)

◇第Ⅱステージ 【混声合唱とピアノのための『なんにもない』】
         (谷川俊太郎 作詩/大竹くみ 作曲)           
 1. からだの中に
 2. にじ
 3. ほほえみ
 4. なんにもない

◇第Ⅲステージ 【クリスマスソングステージ】
 ジングルベル
 O Holy Night ほか






2014/11/10

第69回関東合唱コンクール 銀賞

 先日の1012日に第69回関東合唱コンクールが群馬県の前橋市民会館で開催されました。練習のため前日から移動。着いた頃には、すでにクタクタでしたが、頑張って練習しました。その後は、夕飯を食べに、みんなで鳥屋で高級弁当を堪能。とても美味しかったです!翌日は、本番前の岸先生による最後の練習。ソプラノが最終的に9人になっちゃったけど、なんとかみんなで力を合わせて、まとめあげることができました。そして、いよいよ本番。良い緊張感で、なんとか演奏を終えることができました。演奏後はサプライズがありました。なんと課題曲「鐘」を作曲された森田花央里さんが登場!一緒に写真撮影しました。にしても、若くて美人でした。そうそう、気になる演奏の結果は...、残念ながら銀賞でした。でも、ちょっとホッとした感じもあります。なぜなら、定期演奏会が12月にあるから。これからは定演の練習に集中できるね。審査員52人が浜唱を2位に付けてくれてたので、それだけで嬉しいです。さらに次の日の13日は台風が関東に接近していたので、急いで帰りました。群馬県を観光したかったな~。なんだかんだで、楽しい関東大会でした!
(まーさ)